アイテム番号:HX-DR01

D R01は、両方のDMX / RDM対応の最も先進的なデコーダであり、PWM周波数/ガンマ曲線は調整可能であり、出力は合計9つの異なる属性を持つ4つのタイプに設定することができます。単色/CCT/RGB/RGB W LEDモジュール、LEDストリップなど、あらゆる種類の定電圧LEDランプに適しています,...

制品の詳細

DR01は、DMX /RDMの両方が可能な最も先進的なデコーダであり、PWM周波数/ ガンマ曲線

調整可能な出力は、合計9つの異なる属性を持つ4つのタイプに設定することができます。あらゆる種類に適しています

一定電圧 LED ランプなど単色/CCT/RGB/RgbWLEDモジュール、LEDストリップ、ライトストリング

などなど. 

 

製品の特徴S

1.DR01は定電圧デコーダであり、動作電圧は:DC12-24Vである。この中の電源 範囲は普遍的であり得る、電源電圧が負荷LEDの条件を満たしていることを確認してください;

2.設定と制御を行うために押ボタン(モードアップダウンSAVE)を採用、、4-デジタルチューブは、彫像を設定する直感 的;

3.自動識別信号機能。DMX信号が接続されると、DMX設定の開始アドレスモードに直接ジャンプします(Dxxx) データを受信します。

4.電源オフメモリストレージ機能を使用すると、設定を記憶します 保存インチ最後の電源を切る。

5.1つの出力タイプの4は、単色/CCT/RGB/RGBWをサポートしています。

6.CH01 から CH09 まで 9 種類の DMX512 デコード・プロファイルが使用可能です。

7.PWM周波数は調整可能です:500Hz、1KHz、2KHz、4KHz、7.8KHz、15.6KHz。

8.可変調光応答(ガンマ)曲線;

9.RDM 対応;

10.短絡保護機能

11.最大。出力電力:72W*4CHs/12V、144W*4CHs/24V;

12.3年保証。

 

技術パラメータ

 

作業温度

-20-60°

供給電圧

DC12V~24V

静電気消費電力

<>

接続モード

一般的なアノード

正味重量

110G

総重量

120G

出力グレー

RgbW各256レベル

送信信号

Dmx/RDM信号

外部分析コード

L162*W46*H25(mm)

梱包サイズ

L170*W50*H29(mm)

出力ポート

4チャンネル

DMX プロファイル

9つのモード

メモリの電源を切る

はい

ガンマCウルヴ

0.1,0.5,1,1.5,2.2

短絡保護

はい

PWM 周波数

500Hz-15.6KHz

最大。出力電流

Pwm<=2khz:>6A/CH

PWM=4KHz: 5A/CH

PWM=7.8KHz: 4A/CH

PWM=15.6KHz: 3A/CH

最大。出力電力

Pwm<=2khz:288w 2v;="">

PWM=4KHz:240W/12V;480W/24V

PWM=7.8KHz:192W/12V;384W/24V

PWM=15.6KH:144W/12V;288W/24V

 

寸法

图片 1_2 

 

インターフェイス仕様S

 

图片 1_3 

    

LED出力の配線詳細

出力タイプ

DMX デコード プロファイルのリコンサイル

CH1

CH2

CH3

CH4

Rgb

CH01

CH02

CH03

R-

G-

B-

Nc

(接続なし)

RGBW

CH04

CH05

CH06

R-

G-

B-

W-

Cct

CH07

CH08

Ww-

Cw-

Ww-

Cw-

薄暗い

CH09

LED1-

LED2-

LED3-

LED4-

ヒント、工場出荷時のデフォルトはRGBW、CH04です。

使用指図

DR01はDMX信号システムによって制御されます。同時に、組み込みのテスト機能を使用して、インストールプロセス中にDMX信号なしでLED負荷を点灯させ、「MODE」キーを押して異なるテストモードを切り替えることができます("Plxx")と速度(表示される"Spxx")。DR01は、DMX信号を自動的に認識する機能を持っています。DMX信号がある場合、自動的にDMX制御状態に入ります。デジタルチューブには、DMXの開始アドレスが表示されます(以下のように表示されます。Dxxx")。

 

ボタン機能

ボタン

説明

モード

1.MODEボタンを押して切り替えます。

1)"DXxx":DMX 開始アドレス設定 D001-D512;

2)"PlXx":テストモード設定、PL01-PLFL;

3)"SpXx":テストモード設定の速度、SP01-SP99.

2. 長い高度な設定を入力するには、MODEとSAVEボタンを3秒間押します。詳細設定を入力した後、MODEボタンを押して切り替えます。

1)"ChXx":DMX デコード プロファイル設定 CH01-CH09;

2)"PfXx":PWM周波数設定、PF05-PFF0;

3)"ジョージア 州Xx":ガンマ曲線の選択、 gA01-gA22;

4)"rst0":工場出荷時の設定の選択を復元する,RST0-RST1.

MODE キーで入力したメニュー データを増やします。

ダウン

MODE キーで入力したメニュー データを減らします。

保存

設定操作が完了したら、SAVEを押して保存してください。保存"と自動的に1秒後に設定状態を終了します。

メモ:Pリースは、対応するを参照してくださいパーツ fまたは特定の関数の説明。

 

DMX 開始アドレスの設定

MODEキーを押すと、デジタルチューブが表示されるDxxx (xxxは001-512)、アドレス設定モードに入ります。UP / DOWNキーを押してアドレスを設定し(クイック調整のために長押し)、デジタルチューブはリアルタイムで現在のアドレスを表示します(e.x. d032-開始アドレスは 32)、保存するには"SAVE"キーを押します。DR01 は RDM プロトコルとも互換性があるため、RDM コントローラを介してアドレスを設定することもできます。デジタルチューブは、RDMコントローラから与えられたアドレスをリアルタイムで表示し、自動的に保存します("SAVE"キーを押す必要はありません)。

 

テスト モードの選択

デジタルチューブが表示されたら、"MODE"キーを押しますPlxx、テストモードの選択を入力します。モードは、上/下のキーで切り替えることができます。

出力タイプ

DMX デコード プロファイル

PL01

PL02

PL03

PL04

PLFL

Rgb

CH01

CH02

CH03

CH1/

Rフェード

CH2/Gフェード

CH3/Bフェード

使用されていない

RGB フェード

RGBW

CH04

CH05

CH06

CH1/Rフェード

CH2/Gフェード

CH3/Bフェード

CH4/Wフェード

RGBWフェード

Cct

CH07

WWフェードCH1 +CH3

CWフェードCH2 +CH4

使用されていない

使用されていない

WW+CW フェード

Cct

CH08

WWフェードCH1

CWフェードCH2

WWフェードCH3

WWフェードCH4

CW + WW フェード

薄暗い

CH09

使用されていない

使用されていない

使用されていない

使用されていない

CH1-CH4フェード

注: テスト・モード・リストは、DMX デコード・タイプ・セットによって決まります。

テストモードの速度を設定する

デジタルチューブが表示されたら、"MODE"キーを押しますSpxx (xx は01-99)、テストモードの速度調整に入ります。上/下キーを押して速度を調整します(長押しクイック調整)、デジタルチューブは、リアルタイムで現在の速度を表示します(sp01は最も遅い,sp99は最速です).

 

Pリース保存するには[保存]を押します設定操作デジタルチューブが表示されます"保存"と自動的に1秒後に設定状態を終了します。

 

Aドヴァンスの設定

長い高度な設定を入力するには、MODEとSAVEボタンを3秒間押す. A詳細設定を入力する fter、 MODE ボタンを押します。CnaスイッチDMX デコード プロファイル設定、PWM 周波数設定、ガンマ 曲線の選択、工場出荷時のデフォルトの復元にします。

 

DMX デコードプロファイル設定

デジタルチューブが表示されたら、"MODE"キーを押しますChxx (xx は01-09DMX512と入力します。プロファイルのデコード設定。DMX512デコードを選択します。プロファイル上/下のキーを押して

表示

出力タイプ

DMX アドレスの数

説明(DMX の開始アドレスを想定d001)

CH01

Rgb

3

DMX アドレス 1= RED チャネル 1

DMX アドレス 2= グリーン チャネル 2

DMX アドレス 3= BULE チャネル 3

CH02

Rgb

4

DMX アドレス 1= RED チャネル 1

DMX アドレス 2= グリーン チャネル 2

DMX アドレス 3= BULE チャネル 3

DMX アドレス 4= マスター強度/フラッシュ/フル ライト*

CH03

Rgb

6

DMX アドレス 1= RED チャネル 1

DMX アドレス 2= グリーン チャネル 2

DMX アドレス 3= BULE チャネル 3

DMX アドレス 4= マスター強度/フラッシュ/フル ライト*

DMX アドレス 5= プリセット チェイス速度

DMX アドレス 6 = プリセット チェイス**

CH04

RGBW

4

DMX アドレス 1= RED チャネル 1

DMX アドレス 2= グリーン チャネル 2

DMX アドレス 3= BULE チャネル 3

DMX アドレス 4= ホワイト チャネル 4

CH05

RGBW

5

DMX アドレス 1= RED チャネル 1

DMX アドレス 2= グリーン チャネル 2

DMX アドレス 3= BULE チャネル 3

DMX アドレス 4= ホワイト チャネル 4

DMX アドレス 5= マスター強度/フラッシュ/フル ライト*

CH06

RGBW

7

DMX アドレス 1= RED チャネル 1

DMX アドレス 2= グリーン チャネル 2

DMX アドレス 3= BULE チャネル 3

DMX アドレス 4= ホワイト チャネル 4

DMX アドレス 5= マスター強度/フラッシュ/フル ライト*

DMX アドレス 6= プリセット チェイス速度

DMXアドレス7=プリセットチェイス**

CH07

Cct(WW+CW)

3

DMX アドレス 1= CW+WW (CH1-CH4) のマスター強度

DMX アドレス 2= WW チャネル 1+チャネル 3

DMX アドレス 3= CW チャネル 2+チャネル 4

CH08

Cct(WW+CW)

6

Ww チャネル 1 + CW チャネル 2 の DMX アドレス 1= マスター強度

DMX アドレス 2= WW チャネル 1

DMX アドレス 3= CW チャネル 2

DMX アドレス 4= WW チャネル 3 + CW チャネル 4 のマスター強度

DMX アドレス 5= WW チャネル 3

DMX アドレス 6= CW チャネル 4

CH09

薄暗い(単色)

1

DMX アドレス 1= 調光チャネル 1~4

*マスター強度/フラッシュ/フルライト: DMX値 0-127 マスター強度、128-250 フラッシュ、251-255 フルライト。

** プリセットチェイスリスト

DMX値

追跡(DMX 開始アドレス d001 を想定しています)

0-20

(Rgb:d001-d004;RGBW:d001-d005)コントロール効果

21-40

3色フェード

41-60

7色フェード

61-80

3色フェード

81-100

7色フェード

101-120

緑 -赤のフェード

121-140

赤-青のフェード

141-160

青 - 緑のフェード

161-180

RGB ブルームフェード

181-200

ホワイトフェード

201-220

7色の花のフェード

221-255

T彼は、チェイスの上のループ

 

Pリース保存するには[保存]を押します設定操作デジタルチューブが表示されます"保存"と自動的に1秒後に設定状態を終了します。

 

PWM 周波数設定

デジタルチューブが表示されたら、"MODE"キーを押しますPfxx、PWM周波数設定を入力します。上/下を押してPWM周波数を設定します。

表示

PWM 周波数

PF05

500Hz

Pf10

1KHz

Pf20

2KHz

Pf40

4KHz

Pf80

7.8KHz

PfF0

15.6KHz

 

Pリース保存するには[保存]を押します設定操作デジタルチューブが表示されます"保存"と自動的に1秒後に設定状態を終了します。

 

調光応答ガンマ曲線設定

デジタルチューブが表示されたら、"MODE"キーを押しますジョージア 州xx. ガンマ曲線の選択を入力します。を選択します。目的上/下キーを押してガンマ曲線。

表示

ガンマ値

gA01

0.1

gA05

0.5

ジョージア 州10

1.0

ジョージア 州15

1.5

ジョージア 州22

2.2



 

图片 5 


Pリース保存するには[保存]を押します設定操作デジタルチューブが表示されます"保存"と自動的に1秒後に設定状態を終了します。

 

工場出荷時の設定を復元する

デジタルチューブが表示されたら、"MODE"キーを押しますrst0をクリックし、工場出荷時のリセットを入力します。上/下キーを押し、デジタルチューブが表示されたときに「SAVE」キーを押すことでrst1を選択すると、デコーダは工場出荷時のリセットに入ります。デジタルチューブが表示されますrst-に切り替えますd001自動的に1秒後操作を完了する.

 

通知

1.本製品の電源電圧はDC12V~24V、その他の電圧損傷を与える可能性がある;

2. 配線図に記載されているラベルに従って、リードアウトワイヤが正しく配線されている必要があります。

3. 32以上のデコーダが接続されている場合、DMX信号増幅器で使用する必要があり、DMX信号増幅器の数は5を超えません。

4. 信号ケーブルの短絡または低品質によるキックバック効果がある場合は、最後のデコーダD +とD-の最後に0.25W90-120オーム抵抗器を使用してください。

5.本製品は短絡保護機能を備えていますが、過負荷にしないでください。

6. 本製品の保証期間は3年間人為的な損傷や過負荷作業の形態を排除する。

 

発注の製品情報

製品名

品目番号

DMX512 RDM デコーダ

HX-DR01

 


引き合い