Dmx512 Rgb Ledコントローラ3 * 8A / 288W

HX-DMXCM-3CH DMX512デコーダHX-DMXCM-3CHは、高度にマイクロコントロールユニットを採用し、国際的に広く使用されているDMX-512標準デジタル制御信号を受信することができます。 信号をPWM制御信号に変えてLEDランプを作動させます。 それはまた、DMXデジタルマスターに接続することができます...

制品の詳細

HX-DMXCM-3CH

DMX512デコーダ

HX-DMXCM-3CHは、進歩したマイクロコントロールユニットを採用し、国際的に広く使用されているDMX-512標準デジタル制御信号を受信することができます。 信号をPWM制御信号に変えてLEDランプを作動させます。 また、DMXデジタルマスターに接続して、光の色やダイナミック効果を変更することもできます。 さらに、デコーダがDMXマスタに接続されていない場合は、同期コントローラとして使用できます。 つまり、LEDライトでデコーダの数を同期制御することができます。

製品の特長

●DMXCM-3CHは定電圧デコーダで、国際的に普及しているDMX512標準デジタル制御信号を受け入れ、PWM信号に変換してLEDランプを駆動し、RGB LEDモジュール、ライト、ストリングライト等

  DMXデコーダはDMXマスターで制御することができ、デコーダは信号ラインを

チャネルを最大512まで拡張し続け、最終的にはより多くの変更を実現することができます。

  ディップスイッチによる手動設定アドレスを除く。

  マスタがない場合は、同期コントローラとしても使用でき、RJ45で接続されている場合は、すべてが同期作業システムとして同期することができます。

  単独で使用すると、通常のRGBコントローラーとして使用することができ、合計9つのモードがあります。

  より多くのLEDランプを同期させるために、RGBアンプを使用することができます。

  RGB出力用のチャンネルがあり、それぞれ最大8Aの電流が可能です。

  3年間の保証。

技術的パラメータ

作業温度 -20〜60℃
供給電圧 DC12〜24V
出力 3チャンネル
接続モード 共通アノード
外形寸法 L164 * W65 * H40 mm
パッキングサイズ L183 * W82 * H60 mm
正味重量 360g
総重量 410g
出力グレー RGB各256レベル
出力電流 <8a *="">
出力電力 12V:<><>

インタフェース仕様

DMX入出力インタフェース1:

Karon標準のXLR-3ソケットを採用

DMX入出力インタフェース2:

標準のネットワーク回線インタフェース-RJ45を採用。

アドレスコードとセットフィーチャーサービスインターフェース:

ダイヤル式ディップスイッチの10ビット側を採用してください。

電力および負荷インターフェイス:

ネジ端子を採用し、接続作業に便利です。

使用の方向

この製品はDMX512プロトコルに準拠しており、ディップスイッチによる手動設定アドレスをサポートしています。

各ユニバーサルDMXコントローラは3つのDMXアドレスを使用します。 DIPスイッチでアドレスを設定すると、10ビット目(FUN)がオフになり、他の9ビットはバイナリ値コードスイッチになり、DMX開始アドレスコードを設定します。 第1のビットは最下位ビットであり、第9のビットは最上位ビットである。 それは511のアドレスコードを設定することができます。 DMX開始アドレスコードは、第1ビット〜第9ビットの和に等しい。 1ビットのコードスイッチ( "ON"を "1"に設定)を動かすと、このビットのプレースバリューを得ることができます。 たとえば、DMX開始アドレスコードを73に設定する場合は、コードスイッチの7番目、4番目、1番目のビットを "1"に移動し、 、その他は "0"です。次に、第1ビット〜第9ビットのプレースバリューの合計は64 + 8 + 1です。 つまり、DMX512の開始アドレスコードは73です(対応コードは以下の通りです)

ダイヤルインラインパッケージ(DIP)スイッチからチャネルを選択するには:

小数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
ウェイトナンバー 1 2 4 8 16 32 64 128 256 楽しい



実施例1:

図1のように、DMX開始アドレスコードを37に設定するには、6ビット、3ビット、1ビット目を「1」に、それ以外を「0」にします。 次に、第1ビットから第9ビットまでのプレースバリューの合計は、37の場合と同様に32 + 4 + 1です。

図1

例2:

図2のように、DMX開始アドレスコードを328に設定するには、 "1"の9番目、7番目、4番目のビットを下に移動し、 "0"の他のビットを下げる必要があります。 そして、第1ビットから第9ビットのプレースバリューの和は、328の場合と同様に、256 + 64 + 8である。

図2

その他の機能の使用方法

1.テスト機能:

DIPスイッチの10番目のビットは内蔵ファンクションキーのための "FUN"です。 "FUN" = "OFF"のとき、DMXデコーダ用です。

関数。 これは、DMX信号を採用するために使用されます。 "FUN" = "ON"のとき、図3のようなテスト機能が動作します。

1-9スイッチOFF:黒

スイッチ1 =オン:赤

スイッチ2 = ON:緑

スイッチ3 =オン:青

スイッチ4 = ON:黄色

スイッチ5 = ON:紫

スイッチ6 = ON:シアン

スイッチ7 = ON:白

スイッチ8 =オン:7色の急変(8段階の速度が可能)

スイッチ9 = ON:全色が徐々に変化する(8段階の速度が可能)

図3

急激な変化と徐々に変化する効果の2.Speedの選択:

テスト機能では、スイッチ8 = ONのとき、7色の跳躍変化効果があります。 スイッチ9 = ONのときは、7色の徐々に変化する効果があります。 各エフェクトには8段階のスピードが用意されています:

1-7スイッチOFF:0段階の速度

スイッチ1 = ON:速度の1等級

スイッチ2 = ON:2段階の速度

スイッチ3 =オン:3段階の速度

スイッチ4 =オン:4段階の速度

スイッチ5 =オン:5段階の速度

スイッチ6 = ON:6段階の速度

スイッチ7 =オン:7段階の速度(最高速度)

図4

図4のように、すべてのスイッチが同時に「ON」になると、最終値としてより多くの値が取られます。 デコーダの状態はテスト機能の段階的な変化である。 その可変速度は7である。さらに、信号

インジケータ(緑色)がゆっくりと点滅し、デコーダの内蔵プログラム有効性が実行されます。 デコーダがDMX信号を受信すると、信号インジケータが急速に点滅します。

代表的なアプリケーション

DMXコンソールとの接続1:

PC DMXアプリケーションとの接続2:

接続3複数のオンライン同期:


注文のための商品情報

商品名 商品番号
DMX512デコーダ HX-DMXCM-3CH


引き合い